レンタル振袖を利用してリーズナブルに成人式を迎えましょう

ブルーの正統派着物

レンタル振袖のデメリットについて

集う新成人

振袖を着る事は多くの女性にとって憧れですよね。しかし、振袖を着る機会は結婚式や成人式等の特別な日となるので年に数回あるか分からない物にもなってしまいます。そんな時に便利なシステムがあるのです。それがレンタル振袖です。購入するとなると10万円以上のものもあり、大きな買い物になってしまいますが、レンタル振袖だと1万円程からでも利用か可能となってくるので、お財布事情にも優しいです。しかし、そんな便利なレンタル振袖ですが、実はデメリットも存在しているのです。
全てのセットが料金に含まれているかの把握です。振袖だけでなく、髪飾りや帯、足袋等の必要な物もセットになのかを把握する事が大事です。別料金になってしまうと当初の把握していた金額よりも高額になってしまう可能性があります。
着付けも含まれているのかの把握です。いくら振袖が安価にレンタル出来るからといっても着方や帯の巻き方を知っていなければ着る事が出来ない服装です。その為、振袖を着るためにはしっかりとしたスタイリストが必要となってきます。この着付け代も料金に含まれているのかをしっかりと確認する事、また着る予定の当日にその店に行くべきなのか、出張で来て貰えるのかの把握も必要となってきます。出張となると別料金が発生するケースもある為、しっかりと確認をしておくことが重要です。

POST LIST